盗聴調査は実績のある専門業者に依頼しよう

浮気の証拠を自ら押さえる

地図

大げさではなく安い

配偶者に浮気の疑いがある場合、率直に聞いてみるというのも1つの手です。しかし、素直に浮気をしていると白状しないことは大いに考えられます。従って、浮気をしているのかと聞く前に、浮気の証拠を押さえることをしておいた方が良いと言えます。浮気の証拠を押さえる最も良い手段は、興信所に配偶者の浮気調査を依頼することです。しかし、そこまで大げさにしたくないというのであれば、gpsを使って自分で浮気調査をすることもできます。gpsはカーナビゲーションに用いられているシステムで、どこにいるのか位置が確認できるシステムです。そのgpsを鞄に忍ばせたり、車に取り付けたりすれば、配偶者の自分と一緒にいない時の行動が確認できるというわけです。そして、怪しい行動が発見できたら、その時点で聞いても良いですし、念のため、写真を撮る等といったことをすれば良いのです。では、どのようにgpsを入手すれば良いのかというと、レンタルしている会社がありますので購入しなくても入手できます。レンタル料は会社によって違いますし、機種やレンタル期間によっても違いますが、大体、1週間で1万円〜2万円くらいです。このレンタル料を高く感じる人もいるかもしれませんが、浮気調査を興信所に依頼するとなると、一桁違う金額、10万円、20万円を請求されてしまいます。従って、gpsをレンタルして自分で行う浮気調査は、大げさにならないだけではなく、安上がりな浮気調査でもあるのです。