盗聴調査は実績のある専門業者に依頼しよう

地図

浮気の証拠を自ら押さえる

配偶者に浮気の疑いがある場合、聞く前に証拠を押さえることが賢明です。浮気調査は興信所で行っていますが、大げさにしたくなければ、gpsを使い自ら行うこともできます。gpsはレンタルで入手可能です。レンタル料は1週間で1万円〜2万円くらいですが、興信所だと10万円、20万円請求されますから安上がりです。

覗かれるプライバシー

メンズ

業者に依頼して解決

以前は一部のマニアしか知らなかった盗聴器も、今では気軽に購入できる価格帯にまで下がっており入手しやすくなっています。ちょっとしたガジェットという認識を持つ人も多く、罪悪感を持たずに悪用されるケースもあります。プライバシーを守るには盗聴調査をしっかりと行い、予防線を張っておくのが確実です。電波を使って外部とやり取りする盗聴器は、専用の発見器を使えば見つけやすいのが特徴です。もし盗聴器が仕掛けられていそうと思える場合には、市販の盗聴器を買ってきて部屋の隅々まで盗聴調査を行うようにします。それだけでプライバシーの流出を防げるのですから大きなメリットがあると言えます。ただし、発見器の扱いがわからないと見つけることもできません。そのようなときには、盗聴調査をしてくれる業者に依頼します。業者では専用の機材を揃えており、プロのスタッフが豊富な経験を元に調査を行なってくれます。あやふやな知識で自分で調査するよりも、盗聴調査業者にお願いしたほうが確実に発見してくれるはずです。費用に関しては、一般的な住宅の場合、数万円で対応してくれます。調査する家屋が広い場合や部屋数が多い場合には、より作業量が多くなることから調査費用も加算されます。盗聴器が取り付けられた場所によっては、撤去のために工事が必要になることもありさらに費用が発生します。作業が終了した後は、安心して生活できる空間が確保されます。しかし戸締りなどに不備があると、また誰かが侵入して盗聴器を取り付ける可能性もあります。出かける時はかぎかけを忘れないようにし、室内の僅かな違いにも気付くことができるよう整理整頓しておきましょう。

スマホの地図

万が一に備える

gps発信機は、万が一の安心のためのものです。日ごろからお子様やお年寄りから目を離さないことも大切です。しかし、ほんの何秒かの間に迷子になってしまうお子様を常に見張ることも不可能です。gps発信機を付けることで、そんなことが起きた場合も早めの保護が可能になります。

探偵

盗聴を見破るプロの技

知らない間に部屋に仕掛けられて会話などを盗み聞きされる盗聴器は、プライバシーや機密情報に深刻な侵害を与えかねません。巧みに偽装された盗聴器を自分で見つけるのは困難ですが、盗聴器発見のプロは見破る技術を持っています。周波数域に応じた高度な電波分析力による盗聴器発見の手腕は、企業からも信頼を得ています。